ホッピーの飲み方と初めてでも美味しいホッピーの作り方!種類も紹介

ホッピーの飲み方 [基本編] 初めてでも居酒屋で安心しておいしく飲める方法

「ホッピー飲んでみたいけど、なんか作り方が難しそう…」「お酒を自分で作ったことないし美味しく作れるか心配…」

そんな方にホッピーの飲み方と初めてでも美味しいホッピーの作り方をご紹介します。

ホッピーの飲み方と初めてでも美味しいホッピーの作り方

近年の糖質制限ブームの影響もあって若い世代や女性にもホッピーが飲まれるようになったおかげか、さまざまな場所でも見かけるようにもなり、より身近なものとなってきました。

ホッピーといえば、低カロリー・低糖質で太りにくいし、プリン体ゼロ。さらにお財布にも優しい価格でとても魅力的ですよね。

そんなホッピーを飲んでみたいけど、「お酒割ったこと無い」「ナカってなに?」など、ホッピー独自のルールがあって難しそうと思ってる人も多いのではないでしょうか。

しかし、そんなことはなくとても簡単です。戦後の高価なビールの代用品として飲まれた頃から長年多くの人に親しまれ、誰でも気軽に楽しめるのがホッピーです。

ちょっとコツを覚えるだけで初めてでも美味しいホッピーを作れますよ。

ホッピーの作り方・飲み方

ここでははじめてホッピーを飲む機会が多いと思われる居酒屋でのホッピーの飲み方をご紹介します。

ホッピーセットの外(ソト)と中(ナカ)

多くのお店で提供されているのが、ホッピーとグラスに入った焼酎がセットになった「ホッピーセット」で提供されています。

独自の呼び名があり、ホッピーの方を「外(ソト)」、グラスに焼酎が入ったほうを「中(ナカ)」と呼びます。

飲み方は焼酎が入ったグラスにホッピーを勢いよく注ぐだけ。これだけです。マドラーもついてきますが、これは使いません。

ホッピー1本で、一般的に2杯から3杯飲むことができます。2杯ならホッピーを半分、3杯なら3分の1を目安にホッピーを注ぎましょう。

この作り方にはちゃんと訳があるんです。ホッピーといえばビールのような風味と炭酸の爽快感が特徴。この風味と爽快感を残すことでが美味しくホッピーを作るポイントです。

そのため、マドラーで必要以上にぐるぐるかき回してしまうとホッピーの風味や炭酸が消えてしまうですね。ついついちゃんと混ざってないから気になってしまうかもしれませんが、混ぜても最小限におさえておきましょう。

注ぐときになるべく氷に当てないようにすると無駄な泡立ちすぎも防げて炭酸の爽快感も残せますよ。

※ホッピーの瓶は再利用されます。鉄製のマドラーは瓶に挿し込むと傷つけてしまったり割れてしまうこともあるので注意。

二杯目のホッピーの飲み方

一杯目のホッピーを飲み終わったら、次は2杯目です。残りのホッピーと割るための「焼酎(中)」を注文しましょう。

注文の仕方は「ナカおかわりお願いします!」と店員さんに言いましょう。お店によって「お代わり焼酎」など、名称が変わるところがありますがたいがいこれで通じるので安心して下さい。

ホッピーを注ぐ → ナカおかわり → ホッピーを注ぐ → ナカおかわり

この基本のリズムを覚えておけば大丈夫です。

よくホッピーを一瓶で何杯飲む?なんて話にもありますが、これは好みなので、二杯でも三杯でも、それ以上でも間違いではありません。ホッピーより焼酎のほうが多いなんてこともあるくらい。気にせず自分が一番おいしく飲める割合で飲んでくださいね。

ホッピー美味しい!もっとホッピーの飲み方や種類を知りたい!という方は下記を読み進めてみてください。

これが本当に美味しいホッピーの飲み方!三冷ホッピー

ホッピービバレッジが推奨するホッピー本来の味を楽しめる飲み方になります。

本来はこの飲み方を一番にご紹介したいところのなんですが、この3冷ホッピー残念なことになかなか飲めるお店が少ないんです。なぜかというと、ホッピーとグラスがキンキンに冷えてないとダメで、お店の管理の仕方などで条件が揃わないと飲むことができないんですよね。

この三冷ホッピーの作り方は、ホッピーと焼酎を冷蔵庫、グラスを冷凍庫でよく冷やして、氷は入れずにホッピーを贅沢に一本注いで作ります。

提供しているお店が近くになくても、嬉しいことに家で簡単に作ることもできるので是非試して下さい。

ホッピーの種類

ホッピーの種類はひとつだけではありません。

ホッピーの白と黒

ホッピーには、味が異なる下記の二種類があります。

  • ホッピー(白)
  • 黒ホッピー

ホッピーが複数あるお店ではどれかと聞かれるので、違いを覚えておきましょう。

ホッピー(白)

ホッピー

一般的に「ホッピー」と呼ばれているのが、昔から居酒屋で飲まれてきた茶色い瓶に白いラベルの元祖ホッピーのことを言いいます。ホッピーの白(シロ)とも言います。

黒ホッピー

もうひとつは「黒ホッピー」です。ビールに黒があるように、ホッピーにも黒があります。芳ばしさと苦味があるけどまろやかな甘みもあって、黒にもかかわらず飲みやすい味です。

ホッピーハーフ&ハーフ

もうひとつ種類というより飲み方になりますが、ホッピーの白と黒を1対1の割合で注いだ飲み方になります。メニューにあるわけではなく、白と黒を注文して自分で作るホッピーですね。どちらの味もバランス良く楽しめます。

業務用と一般販売用

味は同じだけど見た目が異なるホッピーもあります。それが下記の2種類です。

  • 業務用ホッピー
  • 一般販売用ホッピー

どちらかしか知らないと意外といつものホッピーじゃないってなるんですよね。外見と量は違いますが中身は同じものになります。どちらも正式名称はありますが、一般的にお店ではホッピーの白と黒でメニューに出ています。

業務用ホッピー

業務用ホッピー

茶色い瓶に白いラベルのホッピーが、昔から下町の大衆居酒屋で親しまれてきた業務用のホッピーです。ホッピーといったらこの瓶っていうくらい。環境に優しいリターナル瓶で内容量は360ml。

正式名称は、白のほうが「ホッピー」。黒のほうが「黒ホッピー」といいます。

この業務用ホッピー実は一般の人でも購入することができます。ただ、スーパーやアマゾンなどでは手に入れることができないんですね。
ではどこかというと、お酒の通販もやっている「なんでも酒や カクヤス」で手軽に購入できるんです。

カクヤスのサイト内の検索で「ホッピー」と入力して、「ホッピー 360ml(リターナブル瓶)」というのが業務用になります。(※関東限定)
ホッピーファンになって家でも業務用ホッピーを楽しみたいという方は是非購入してみてください。家飲みでのホッピーがワンランクアップしますよ。

一般向けホッピー

一般向けホッピー

もうひとつは、スーパーやネット通販でも購入することができる一般向けのホッピーになります。業務用とは異なるデザインでラベルがシールなことと、内容量が業務用よりちょっとすくない330ml。このホッピーで提供しているお店もあります。

正式名称は、白のほうが「ホッピー330」。黒のほうが「ブラックホッピー」。

まだあるホッピーの飲み方と種類

ここまで居酒屋での基本的なホッピーの飲み方を紹介してきましたが、まだまだこれだけではありません。前述したホッピーの知識があれば、さほど困ることはありませんが、お店によっては知っておいて損はないと思うので少しだけ触れたいと思います。

樽生ホッピー

生ホッピー

ホッピーにも生があります。関東の都内を中心に飲めるお店はわずか数十店舗でしかない飲むことができない希少なホッピーです。生ビールのように樽に入ったホッピーをサーバーで注ぐため、きめ細かいクリーミーな泡とホッピー本来の旨味を存分に楽しめることができます。

飲んでみたい方は、是非こちらから樽生ホッピーが飲める店を調べて行ってみて下さい。

樽生ホッピーが飲める店

赤ホッピー

ホッピー55(赤ホッピー)

赤ホッピーと呼ばれる「ホッピー55」は、ホッピー誕生55周年を記念して作られたプレミアムなホッピー。この赤ホッピーもお店ではなかなか出会うことが出来ない、ちょっとレアなホッピーです。

麦芽使用率100%、海洋深層水を一部使用、さらに従来のホッピーの倍の醸造時間をかけてホッピーの製造技術を駆使して作られました。その味はホッピー好きがこのホッピーを飲んでファンになることも多いくらい美味しいと評判です。

オリジナルカクテル

ホッピーはお店によっても個性はさまざまです。独自のオリジナルホッピーを飲むことができるお店もあります。

ジンとホッピーを割ったジンホッピー、梅酒とホッピーを割ったウメッピー、トマトジュースとトマトでトマッピーなど、ホッピーと合うお酒はさまざまです。焼酎もいいですが、好みのお酒とホッピーで飲んでみるのもいいかもしれません。

シャリキンホッピー・シャリシャリホッピー

焼酎を冷凍庫で凍らせてシャーベット状にしたナカにホッピーを注ぐ飲み方です。シャリシャリホッピーやキンミヤ焼酎を凍らせたものならシャリキンと言います。

焼酎自体が氷の変わりになっているので薄まらず、キンキンに冷たいだけでなくホッピーの味もしっかり味わえます。

焼酎自体が氷なので結構濃かったりして酔いやすいので注意してください。

上級者向けのホッピー

世の中にはホッピーを注文したのにも関わらず、割るという概念をくつがえす焼酎の量で提供される上級者向けの居酒屋も存在します。初めて見たときは焼酎の水割りが間違ってきたと思ったくらい。もはやどちらがメインわかりませんが、ホッピーとセットであるかぎりこれは紛れもないホッピーになります。飲み過ぎにはご注意ください。

さいごに

いかがでしたでしょうか。これからホッピーデビューする人、飲んでみたけどよくわからなかったという人も、今回の記事を参考に是非でホッピーを楽しんでもらえると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • コメント: 1

関連記事

  1. ホッピーには黒もある!黒ホッピーの魅力と誕生秘話

  2. ホッピーは家で飲んでも最高においしい!家飲みにおすすめする5つの魅力

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。